- srpの路地裏

80,sが蘇るMoon! 「Walk The Moon」

Walk The Moon/What If Nothing個人的に笑いあり素敵な曲ありの「Walk The Moon」どこからともなくアーティストを発掘してくるうちのいとこがまたやってくれました。コイツは笑いと新しい音楽を聴くきっかけを作る核になっている!って心でとても感謝しております。そんな「Walk The Moon」はこのアルバムが3枚だそうで80,sを彷彿とさせるちょっぴり大人なテイストで1曲1曲バラエティに富んでおります。今年の音といってもいいト...

聴いて良かった。もったいない! 「Dustin O'Halloran」

Dustin O'Halloran/Lumiere何気なく音を探してたら耳に飛び込んできたのがコレ!ピアノとストリングスの素晴らしい音楽調べてみたらびっくりアカデミー賞ノミネート作曲家だそうで、このアルバムは2011年リリースの傑作『Lumiere』とのこと。知りませんでした。そして知れて良かった!本当に素晴らしい音楽は世の中にたくさんあるので聴かないより聴いた方が絶対に良い!夜にひっそり聴いて悦に浸りたいと思います。ぜひ聴いてみて...

最高にカッコいいUKロックバンド! 「Stereophonics」

Stereophonics/Scream Above the Sounds最高にカッコいいUKロックバンド「Stereophonics」ROCKのカッコいい部分が詰まってます!このアルバムは10枚目円熟してます。ブルースが根底にあるような…素晴らしい曲と泣きのメロディエモーショナルな狂気を閉じ込め鼓膜から心へ突き刺す言ってしまえば王道なんだけど…今誰もやってないような…そんな「Stereophonics」ですがこのアルバムも大好きな一枚になりそうです。ぜひ聴いてみて下さ...

新時代の幕開け! 「Kelela」

Kelela/Take Me Apart新しいR&Bの幕開けだと思う。これがデビュー作の「Kelela」歌声はもちろん音から入る自分としては新しさを感じます。スローな曲が続きますが緻密なリズムトラックとエフェクトエレクトロニカの先端の音がします。聴けば聴くほど新鮮でこれから先の音だと勝手に思ってます。ぜひ聴いてみて下さい。天才の新作!混沌としたこの時代に音を届けてくれる。3姉妹のポップでロックなドライブサウンド!一覧...

天才の新作! 「Jordan Rakei」

Jordan Rakei/Wallflower漂うギターに歌声音の粒が次々と世界を構築していきプログレッシブなソウルを展開する。「Jordan Rakei」はネクストレベルのアーティストであり音を探求する人ならぜひ聞いて欲しい一枚です。感情に訴えてくる音と歌哀愁漂うサウンドエレクトリックとアコースティックが融合して今そしてこれからの音を出しています。刺激的な新しいものを求めているならぜひ聴いてみて下さい。素敵な音出してます。超絶変...

超絶変態ポップバンド! 「Tera Melos」

Tera Melos/Trash Generatorデビュー当時は超絶変態プレイ&変拍子なマスロック最近はそれにポップ要素が入ってより一層変態度が増していた「Tera Melos」今作はだいぶ聴きやすいですが随所に見れれる変態っぽさは健在です。それとも耳が慣れてしまったのかな…。時代と共にロックが衰退しEDMやHIPHOPが大頭していますが…彼らのオリジナリティは凄まじいです。もっともっと変態な音、変態な小節を随所に混ぜて唯一無二の存在でいて...

珠玉の短編集! 「A」

A/中村文則中村文則さんの作品は「何もかも憂鬱な夜に」を読んだ以降、久しぶりに読みました。今回は短編集で13の物語を楽しませてくれます。生と死や苦しみや快楽など読んでいてワクワクしてしまう話がぎゅっと詰まってます。短編集のいいところは区切りがつけられるところ読んでいて疲れないし惰性で読み進む事が無くなります。ちょっとした合間に読み進められますのでぜひ読んでみて下さい。心を解放させてくれる素敵な言葉た...

心を解放させてくれる素敵な言葉たち。 「詩集 夏の森」

詩集 夏の森/銀色 夏生満足する人生を生きるコツは途中で自分の心を殺さないこと私の好きな言葉です。この詩集には素敵な言葉がたくさん詰まってます。これをプレゼントしてくれた従弟にとても感謝しています。余計な言葉はいりません。ぜひ読んでみて下さい。狂気の出版社。真っ白い紙にちょんちょんと黒い点がついたような…。自殺と犯罪は、世界に負けることだから一覧...