愛情の詰まったオルタナティヴサウンド 「Garbage」 - srpの路地裏

愛情の詰まったオルタナティヴサウンド 「Garbage」

entry_img_419.jpg



Garbage/Strange Little Birds



アメリカ合衆国とスコットランドの混合ロックバンド。
紅一点のヴォーカル、ピンクの髪のシャーリー・マンソンの存在感がハンパない。
バンド名の由来は、サンプリング・ループ等を聞きながらメンバーがつぶやいた一言
「ゴミ(GARBAGE)みたいだね」に由来するそう。

ずしりとした重い攻撃的ギターに、インダストリアルを彷彿とさせた陰鬱なシンセ。
情緒的な音と鋭利なサウンドを巧みに使い分け、静と動のコントラストを表現する。
そしてオルタナらしい転調。
そのサウンドの上にシャーリー・マンソンの歌声が乗ると唯一無二のオルタナサウンドが完成する。
だが聴いてみるととてもキャッチー!
おススメの一枚です。

GARBAGEはデビュー20周年ともうベテランです。
ですが2000年代に入ってからは病気やらなんやらで活動の幅が狭まっていたそうです。
ここにきての通算6枚目のアルバム。
印象的なジャケットもとても好きです。
とても懐かしいような…でも新しい…そんな音を出しています。
湿った曇り空の日合う一枚ですので
そんな天気の時に聴いてみてはどうでしょうか?











数少ない現代のRockをアップデートするバンド

より深く沈み込む妖艶なエレクトロ

幻想的でミニマルかつ陰鬱で攻撃的! Radioheadの最新作

一覧







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント