邦楽ロックとポップの間に位置する現在進行形のバンド 「GRAPEVINE」 - srpの路地裏

邦楽ロックとポップの間に位置する現在進行形のバンド 「GRAPEVINE」

entry_img_427.jpg



BABEL, BABEL/GRAPEVINE



邦楽ロックの中でも重鎮
GRAPEVINEは90年代にデビューしたスリーピースバンド
現在はサポートメンバーを含めた5人編成が通常になっており
数ある邦楽ロックバンドの中でも
現在進行形で進化を遂げており、音楽性は多種多様。
ロックという枠に括れず
更には、実験性も兼ね揃えており
聴く者を飽きさせない。
一般リスナーよりバンドマンや音楽通に受けが良い気がします。

GRAPEVINEは私が思うにスルメ型
じっくり聴き込むと味わい深いです。
とくにボーカルの田中和将さんの詞の文学性は深い…。
曲に合わせての声色の使い方も秀逸。
そしてサウンドの核になっている
西川さんのギターはとても素晴らしく参考になります。
他にも、リズム隊との絡みや、シンセでの味付け、実験的なサウンドの数々…
一度聴いただけではその良さは分からないと思います。
何度も聴いているうちに、GRAPEVINEの凄さが分かるはず。

そして今作BABEL, BABELですが
非常にバラエティに富んでおりますが、好き嫌いが分かれるんじゃないかなと…
明るく前向きな曲が好きな方からすると、実験的で遊び心溢れた曲はとっつきにくい印象があります。
故に、ロックとポップの間にいる重鎮だと思うのですが…
私が凄いと思うのは、そういった実験的な曲すらGRAPEVINEというフィルター処理が出来るところです。
それとやはりシーンを選ばないところです。
朝だろうが、通勤時だろうが、夜だろうが、どこでも聴ける音を出してます。
このアルバムに限らずですが、GRAPEVINEは中毒性がとても高いので
聴き飽きてもまたある時、欲求が出る素晴らしい作品が多いです。

このアルバム以外にもたくさん出ておりますので
自分の好きなアルバムを探してみても良いと思います。
ぜひ視聴してみて下さい。







五感で感じるアートサウンド

緻密かつダイナミックな音楽技巧派集団

邦楽ミクスチャーの最高峰

一覧






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント