幻の機材で天才はどんな音を創ったか? 「Cheetah EP」 - srpの路地裏

幻の機材で天才はどんな音を創ったか? 「Cheetah EP」

entry_img_438.jpg



Aphex Twin./Cheetah EP




テクノモーツァルトの異名を持つAphex Twin
去年から新作リリースが止まりません。
今回は、世界中の機材マニアの間でほとんど市場に出回らなかった珍しいハードウェア
Cheetah ms800を使って制作されたそうです。



Cheetah ms800



そもそもCheetah MS800
興味深い性能とサウンドを持っていたが、現存するシンセサイザーの中で
最も使いにくいという称号をも得ている。
精神を麻痺させ、サウンドをプログラムするだけでも混乱する。
単なるMIDIチャンネルを少し変えるだけでも、我々に動脈瘤を生じさせるそうです。

分からない人にはなんのこっちゃ…ですが…
ようするに非常に音を出したり作るのに面倒な機材
まぁ…そんな機材を使ってのEPです。

私にはこの機材の音の凄さは分かりませんが…
期待を裏切らない
アシッドでアンビエントAphex Twin節がしっかり聴けました。
ここ最近の作品に比べると見劣りしてしまう感は否めませんが…
今回はCheetah MS800という機材がメインですので
それを使って作曲したんだな~っと思いながら聴いてみるのが
宜しいかと思います。












ベース・ミュージックの新基軸!孤高の天才

情緒あふれる優しさの詰まったエレクトロニカ

サイケデリックサウンドのフロンティア

一覧








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント