温故知新  「Kikagaku Moyo」 - srpの路地裏

温故知新  「Kikagaku Moyo」

entry_img_449.jpg



Kikagaku Moyo/House in the Tall Grass


現在において音楽はエレクトロニカやEDMなど
生音ではなく電子音が主役のジャンルがメインストリームの音となっています。
そんな2010年代において
Kikagaku Moyo(幾何学模様)は60年代70年代の音楽が好きな人にとってはツボなんじゃないでしょうか?

Kikagaku Moyo(幾何学模様)と呼ばれる日本人サイケデリックバンドを知ったのは最近で衝撃を受けました。
タイムスリップしたような感覚です。
60年代のロック黄金期のような、古いけど新しい音です。
生のグルーヴが耳にこびりつき始めたら最後
トレモロギターが耳を揺さぶり、うねるベースのループがトリップさせてくれます。

まだこんな音を出すバンドがいるんだとびっくりさせてくれます。
60年代のロックが好きな人はぜひ聴いて欲しいです。













サイケデリックサウンドのフロンティア

数少ない現代のRockをアップデートするバンド

邦楽ミクスチャーの最高峰

一覧











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント