多重人格ミステリーの新境地。 「彼女は存在しない」 - srpの路地裏

多重人格ミステリーの新境地。 「彼女は存在しない」

entry_img_466.jpg




彼女は存在しない/浦賀和宏




面白い!

平凡だが幸せな生活を謳歌していた香奈子の日常は、恋人・貴治がある日突然、何者かに殺されたのを契機に狂い始める…。
同じ頃妹の度重なる異常行動を目撃し、多重人格の疑いを強めていた根本。
次々と発生する凄惨な事件が香奈子と根本を結びつけていく。
その出会いが意味したものは…。

タイトルの通りの作品で、読み終えてとても充実感のある作品でした。
ミステリーなので、惨殺シーンなど少しグロい表現も書いてありますが
とてもよく出来ているストーリーです。
ミステリーが読みたい人にはおススメです。

作者は犯人のヒントを途中で書いていますが
私はまったく気が付きませんでした。
ラストで謎が解けた時に、それでもまだすべてを理解出来なかったぐらい鈍感な私ですが…
とても面白かったです。

ぜひ読んでみて下さい。おススメです。









人間の愚かさと優しさ 「ふがいない僕は空を見た」

民宿雪国

忘れていた青春が蘇る 「夜のピクニック」

一覧






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント