10人産めば、1人殺してもいい。 「殺人出産」 - srpの路地裏

10人産めば、1人殺してもいい。 「殺人出産」

entry_img_483.jpg




殺人出産/村田 沙耶香




「コンビニ人間」を読んでから村田 沙耶香さんの作品にハマってしまい
今回はこちらの「殺人出産」を読みました。

10人産めば、1人殺してもいい。という「殺人出産制度」が認められた世界のお話で
残虐性のあるお話かと思いきや
物凄く作り込まれていてリアルを感じました。
もしこのような制度が設けられたなら…自分はどちらの考えを持つだろう…。
色々と考えていると、その世界観にゾクっとします。

村田 沙耶香さんのクレイジーな表現はこれで終わりません。
カップルという概念を壊した「トリプル」という恋愛観や、結婚生活における「性」など
物凄くリアルでこういう未来が待っているかも知れない…。って思うと
可能性はゼロではありません。

私が思うのは、作品自体の描写は怖くありません。
誰でも読めますし、とても面白いですが…
この世界を文字で表現できる村田 沙耶香さんの頭の中にゾクッとします。
クレイジーです。










現代社会の象徴的作品。

人間の愚かさと優しさ

日本のセックス

一覧






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント