最高度に結晶化しためくるめく短篇集。 「女のいない男たち」 - srpの路地裏

最高度に結晶化しためくるめく短篇集。 「女のいない男たち」

entry_img_566.jpg





女のいない男たち/村上 春樹





「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」他全6篇
久々に読んだ村上春樹さんの短篇集。
洒落た表現が他の著者と一線を画し
読み口から一気に村上ワールドへ引き込まれます。

タイトルの通り、女のいない男たちの物語
一つ一つの物語は淡々としていて、ジェットコースターのような
めまぐるしい展開はありません。

ですが
その緩やかな感覚がとても
現実的な時間の流れ方と似ていて
親近感が湧きます。
読み終わってみて
とても重い気分や、心の晴れる気分…なんていうのはありません。
空気を吸う感覚に似てます。

う~ん、
うまく伝えられないですが
面白いので読んでみて下さい。












文字の奥に潜む狂気を感じられるショートショート!

心震える大人の恋愛小説の名作!

ジャズという音楽を伝えてくれる2016年最高の漫画!

一覧







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント