ふたつのポケット - srpの路地裏

ふたつのポケット

entry_img_626.jpg





ふたつのポケット

作曲:srp 作詞:srp-2


君の手を離したのは 守る為だと 僕は言った
一人分空いたポケットの中は まるで宇宙の様
騙すように歩いて 隠すようにうつむいた
弾いた弓の行き先は 自分でも知れない
すべて受け止めて 優しくなれたらな

週末に訪れる 流星群に 動けない自分を 乗せていけたらな
考えてすぐ馬鹿馬鹿しくなる 空っぽのリュックはもう必要ないと でも捨てられないと色んな場所に行けたはずの 偽物の僕は 何を足せば 本物の君になれるのだろう
じっと星を待つ 嫌いだった季節の下で 

涙と涙が出会って 赤になって迷子と迷子が出会って 青になって

あなたの手を離したのは 守る為だと 私は言った
二つの温度で埋めるポケットの隙間 
逃げるように歩いて うつむくように頷いた
横に道をひいたのは自分だと知ってる
すべて受け入れて 優しくなれないまま

週末に訪れる 流星群を あの人が見られるといいな
中身を入れ替えた真新しいリュックはまた汚れていって 匂いは取れないまま 
またここにこようといった 本物の私は何が足され偽物の君を作るだろう
星が流れる 好きだったはずの季節の上に

涙と涙が離れて白になって 嘘つきの迷子は紫になって

一人と一人でまた一人になっていく
一人と一人がまた二人になっていく










entry_img_636.jpg cradle Profile





cradleアルバム一覧



1st Album ゆりかごの上で 【cradle】




cradle楽曲一覧



透明なナミダ

迷子の報せ

ゆりかごの上で

bye-bye

君と

next order

いつかの

ふたつのポケット



cradle関連




緊急レゲエロボホームページ



soundcloud.jpgSoundCloud



youtube.jpg youtube



bandcamp.jpg Bandcamp
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント