真っ白い紙にちょんちょんと黒い点がついたような…。 「しんせかい」 - srpの路地裏

真っ白い紙にちょんちょんと黒い点がついたような…。 「しんせかい」

entry_img_686.jpg







しんせかい/山下 澄人







第156回芥川賞受賞作。
表紙のインパクトと話題性で気になり
読んでみたのがきっかけです。

あらすじは
遠く見知らぬ土地で、19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。
辿り着いたその先は【谷】と呼ばれ
俳優や脚本家を目指す若者たちが自給自足の共同生活を営んでいる。
苛酷な肉体労働、【先生】との軋轢、そして地元の女性と同期との間で揺れ動く思い。

恐らく
著者の山下 澄人さんの実体験をもとに書かれたと思います。

共同生活での話が終わってから
後半にかけてが面白かったです。

読んでいて
感情の無いぼそぼそ感が妙に親近感が湧きます。

本自体は
サクサク読めるのですが…
ぼそぼそっとした感じの文章の書き方は
その時のスミトの感じ方なのか
描写を感じます。

あっという間に読み終えてしまいましたが…
強烈で読み終えた後も引っ張られる感じではないし
インパクトが薄く忘れてしまうモノでもないし…
ふわふわ漂っているような…
不思議な作品でした。

興味あればぜひ読んでみて下さい。



















自殺と犯罪は、世界に負けることだから

心震える大人の恋愛小説の名作!

現代社会の象徴的作品。

一覧









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント