真実は知らない方がいい…時もある。 「そして扉が閉ざされた」 - srpの路地裏

真実は知らない方がいい…時もある。 「そして扉が閉ざされた」

entry_img_693.jpg





そして扉が閉ざされた/岡嶋 二人





薦められて読んでみた
岡嶋二人さんの作品で
初めて読みました。

岡嶋二人さんとは
井上泉さんと徳山諄一さんによる
コンビのペンネームで
数々の推理小説を書いておられます。

私が初めて手に取ったのがコレ!
「そして扉が閉ざされた」
だったのですが…
非常に面白く
岡嶋作品をもっと読みたい!
っと思いました。

あらすじは
富豪の娘が不審な事故で死亡して3カ月
彼女の遊び仲間だった男女4人が
遺族の手で地下シェルターに閉じ込められる…。

一体なぜ?

あの事故の真相は何だったのか?
4人は脱出を試みながら
事件を推理し
真犯人を暴く…。

その意外な結末とは?

推理小説は作品に引き込まれると
時間を忘れて読みふけってしまいます。

そして
真相ですが…
真実は知らない方がいい…。

気になる方はぜひ読んでみて下さい。
面白いですよ!















自殺と犯罪は、世界に負けることだから

若者の友情と反抗を描く伝説の青春ミステリー。

サスペンスと物語が絶妙な比重で融合!

一覧








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

非公開コメント